バシャールの助言:人々が人生でいろいろな出来事を経験したとき、私たちがまず提案しているのは、ニュートラル(中立的)な状態に入る、ということです。ニュートラルな状態に入ると、現実を変えやすくなります。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77

人々が人生でいろいろな出来事を経験したとき、私たちがまず提案しているのは、ニュートラル(中立的)な状態に入る、ということです。ニュートラルな状態に入ると、現実を変えやすくなります。

以上、須藤元気 (著, 編集), ダリル・アンカ (著), バシャール (著), 尾辻かおる (編集), 大空夢湧子 (翻訳)『バシャール スドウゲンキ』P.162より引用させていただきました。

ニュートラルになるには、まず、こんな感情になるのは、自分がどんな信念を持っているからだろう?と自問してみること。

というのは感情反応があるということは、なんらかの信念を持っているということだから。
何かに対してある定義をすでに持っているということ。

好都合なことに、自分にはどんな信念があるのだろう?と探る作業は、フィジカルマインドが得意とするところ。

自分が持っている信念や定義がわかったら、それらは中立化される。
そしたら次に、それを自分の選択する信念や定義に変えていく。

2013.5.21追記

ではどうやってニュートラルな状態に入るか?

一番簡単な方法は自分を徹底的に観察して「それ」に気がつくこと。

気づきによって「それ」は無力化、中立化される。